速音読とは??

2015.5.16

eigosokuondoku

今日は、

“喋るスピードを意識した音読「速音読」”

をご紹介します。

文章を速く読む「速読」とは少し違って、
「速音読」は、文字通り、
とにかく速く読み上げる音読法のことです。

わかりやすく言うと、
セブンプラスイングリッシュの
倍速CDのようなイメージです。

リスニングとしてではなく、
今度は「音読」で、
あの速さに挑戦してみませんか?

ただし、
始める前に一点気に留めていていただきたいのは、
この「速音読法」は、

数多くある音読法の中の一つ!

だということです。

“音読=速く読むのが正解!最も効果的!”

とは捉えないでくださいね!

スタンダードとも言える、
正統派な音読とは、
単語一つ一つの意味・発音も確認しつつ、
フレーズとしてのまとまりや抑揚などを、
しっかりと押さえながら進めて行く音読法です。

最初はゆっくり読んで、慣れて来たら、
徐々に標準スピードに上げて行きます。

実際に使う場面をリアルに想像して、
相手に語りかけるように読んだり、
感情を入れてドラマチックに読んだりするのも効果的です。

ここまで出来たら、
「速音読」にも挑戦してみましょう!

イメージとしては、

卓球のラリー、
数学の100マス計算、
短距離走の訓練、

大量の筋トレのような感じです。

例えば、I’m happy to see you.

普通に読むと、

I’m happy to see you.

ですが、これを、

I’m happy to see you. I’m happy to see you…

と段々と速くして行きます。

初めから度を超えたスピードを目指すのではなく、
徐々にスピードを上げて行って、
最終的にどこまで速く言えるか、
自分の最高記録を更新し続けるくらいの勢いで挑みましょう!

しかし、速さばかりに気を取られて、
何と言っているか自分でもわからないくらいの
めちゃくちゃな音読では意味がありません。

「聞き取りやすいか」は置いておいて、
最低限正しく発音されていればOKとしましょう。

早口言葉と同じで、

「間違えずに言えたら勝ち!」

と言ったイメージです!

速音読は、
英語に慣れるためのトレーニングとして、
とても効果的です。

とにかくハイスピードで、
リズミカルにテンポ良く、
自分の中に英語を取り込むことができるので、
英語を英語のまま、直接的に取り入れることができます。

また、日常会話ではなかなかあり得ないくらいの
スピードで発話できるようにしておくことで、
いざ、そのフレーズを使う場面になった時に、
頭にも心にも少しゆとりを持って喋ることができます。

こういった
「限界を広げる」トレーニングは、
英語の音読に限らず、
あらゆる場面で実践されていますよね。

英語だけでなく、
試しに日本語の速音読に挑戦してみるのもオススメです!

一旦速く読めるようになると、
普段のスピードに戻した時に、
以前よりも口が回りやすくなっていたり、
より喋りやすくなっているはずです!

ぜひ、試してみてください。

ページ上部へ