何だか分かりますか?

2015.8.8

“Dragonfly”

 

 

Do you know the meaning of this word?

 

 

I’ll give you some hints.

 

-It’s a name of a insect.

昆虫の名前です。

 

-It has a long thin body.

細くて長い身体をしています。

 

-It has four wings.

羽は4枚。

 

-It is often seen near water.

水があるところでよく見られます。

 

 

Can you guess what it is?

何だかわかりますか?

 

 

 

The answer is…「とんぼ」

 

 

 

「とんぼ」は英語で、

“Dragonfly”

 

 

「ドラゴン」なんて、

なんだかとてもかっこいいですよね!

 

 

名前の由来は諸説あるみたいですが、

やっぱり一番はドラゴンのような見た目をしている、

というところから来ているみたいです。

 

 

どこがドラゴンなの?

 

 

と思われた方は、

英語でdragonflyと入れて、

Googleで画像検索してみてください。

 

 

赤や金、青、エメラルドグリーン…

 

 

いろんな色のとんぼの写真が出てきます。

 

 

とんぼってこんなにいろんな色をしているんだなぁと

ちょっとビックリでした!

 

 

 

身体だけでなく、

羽や目も神秘的な色をしているものが

多く出てきますよ!

 

 

dragonflyで調べたら、

今度は「とんぼ」でも画像検索をしてみましょう。

 

 

赤とんぼがたくさん出てきます。

 

 

やっぱり日本では、

とんぼは赤とんぼのイメージなんだなぁと

感じさせてくれます。

 

 

赤いドラゴンに見えないこともないですが、

英語検索で出てくるイメージの方が

ドラゴンを連想させるはずです。

 

 

面白いですよ!

 

 

地域によって見られるとんぼの種類が違ったり、

文化や神話が違うことによって、

同じ生き物でも違う表し方になるんですね。

 

 

この間、日本語を勉強中のアメリカ人の友人と、

好きな日本語・嫌いな日本語について話していたとき、

出て来たのがこの「とんぼ」でした。

 

 

英語だと、

 

 

”Dragonfly”

 

 

とてもカッコイイ響きなのに、

 

 

日本語だと「とんぼ」

 

 

全然クールじゃない!

 

 

と不満を言っていました。

 

 

でも、日本でもとんぼは愛されていて、

長渕剛さんの「とんぼ」っていう歌もあるんだよ、

と話そうとしたのですが、あまり聞いてくれず…。

 

 

 

その友人の中では、

とんぼは「とんぼ」ではなく、

どうしても”Dragonfly”なのだそうです。

 

 

ちなみに、その友人の好きな英語は、

 

 

“Forest”

 

 

理由は、音の響き。

 

 

Forestと発音するだけで、

 

 

森林のイメージ、林の中にいるみたいな気持ちになれる、

 

 

と言っていました。

 

 

”Forest”

 

 

意識して発音すると、

確かにそんな気がしてきませんか?

 

 

英語を発音する時、

その単語が持つイメージを描きながら、

そのイメージのように音を出すことを、

意識してみても面白いかもしれません!

 

 

ぜひ、やってみてください!

 

 

What is your favorite word in English or Japanese?

みなさんの好きな言葉はなんですか?

 

ページ上部へ